>  > 谷間に挟まれる幸せな時間

谷間に挟まれる幸せな時間

谷間っていうのは、いわば選ばれた風俗嬢にしかないじゃないですか。微乳の風俗嬢に谷間を作れと言ってもそれは残念ながら現実的に不可能じゃないですか。それは酷な話というもの。でもそうじゃない風俗嬢だっているんですよね。そうです、巨乳です。巨乳風俗嬢との時間。これは自分が巨乳が好きだっていうのもあるんですけど、外れ無しって言っても良いでしょう。そもそも男は皆小さいころおっぱいで育てられているんです。巨乳が嫌いな男なんていません。だから巨乳を選んでおけば風俗では必ず満足出来るって行っても過言ではないってことですよ(笑)実際自分も巨乳風俗嬢を指名する時、そこまで深いこだわりがなかったりするんですよ。「おっぱいが大きい」、これこそが最大の理由というか、この言葉以上に説得力のある理由なんてないんじゃないかなと(笑)だからこれから風俗を楽しもうかなって思っている人は、とりあえず巨乳にしておけば良いんですよ。

脅威と呼ばれているのも良く分かる

指名したT嬢は、風俗店のスタッフが言うには先輩から恐れられていると。脅威とも言われていたようですが、一体なぜなのかと。その理由をスタッフに効いてもそこまでは教えてくれないんですよね。なぜなのか。その答えは彼女と肌を合わせることによってよく分かりました。それは彼女は天性の風俗嬢というか、男殺しなんですよ。男が好く部分を持っている女の子。そして彼女に「なんで驚異って言われているの?」と聞いたら、「知らな〜い」なんてとぼけていましたけど、このとぼけ具合こそ彼女の魅力なんじゃないかなとも思いました。普通だったら先輩からそう思われているなんてなかなか出来ないと思うんですよね。でも彼女、そんなことはあまり気にしていないようで、むしろ彼女は先輩からのそういった視線もむしろ自分の武器にしているかのような逞しい風俗嬢でした。これは並の女の子がどれだけ束になっても敵う相手ではないんじゃないかなって。そんなことを思いました。

[ 2017-01-09 ]

カテゴリ: 風俗体験談